先進的な脅威から資産と情報を保護するセキュリティー・インテリジェンスとセンス分析

IBM Security QRadar SIEMは、ネットワーク全体に分散されたデバイス、エンドポイントおよびアプリケーションからの多数のログ・イベントとネットワーク・フローのデータを統合します。さらに、生データを正規化し、関連付けてセキュリティーの攻撃を識別し、先進的なセンス分析エンジンを使用して通常の行動の基準とした異常を検出し、巧妙な脅威を明らかにして誤検出を除去します。このソフトウェアがオプションとして組み込むIBM Security X-Force Threat Intelligenceは、マルウェアのホストや迷惑メールの送信元、その他の脅威を含む不正の可能性があるIPアドレスのリストを提供します。IBM Security QRadar SIEMは、システムのぜい弱性をイベント・データやネットワーク・データに関連付けることもでき、セキュリティーの問題に優先順位を付けることに役立ちます。

IBM Security QRadar SIEMには、以下の特長があります:

リアルタイムの可視性を提供

アラートの減少と優先順位付け

効果的な脅威の管理

クラウド環境でセキュリティー・インテリジェンスを提供

データ・アクセスとユーザー・アクティビティーに関する詳細なレポートの生成

マルチテナント機能およびマスター・コンソールの提供

IBM X-Forceの研究開発チームの脅威インテリジェンスの専門知識を活用して、セキュリティーに対する先制的なアプローチを提供し、脅威に関する連携と管理のためにIBM Security App Exchange(US)へのアクセスを許可します。


お客様導入事例ご紹介 : SCSK様

導入の経緯やQRadarを選択した理由、導入効果をご覧ください。

IBM Security QRadar SIEMに関する参照情報

Securityレポート

ソーシャル

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください