モノのインターネットを加速するIBM MessageSightビデオを視聴する(3分2秒,日本語字幕)

"モノのインターネット"を加速する IBM MessageSight"

企業内および企業間のモバイルと機器間(M2M)通信

IBM MessageSightは、機器間コミュニケーション(M2M)とモバイル環境向けに特別に設計された、あらゆる機能を完備したメッセージング・アプライアンスです。メッセージのスループットに最適化することで、MessageSightはメッセージング・ネットワークをデータセンター外へと拡大し、膨大なデバイスとアプリケーション間の同時接続を予期できる範囲の遅延で処理するためにスケールすることができます。このイベント・ドリブンでインタラクティブなインフラストラクチャーは、レコード中心のシステム内の情報を開放して、いつでも、どこでも、誰でも、あるいは 「モノ」 でも業務を遂行できるようにすることにより、人々、モバイル・デバイス、センサー、機器、アプリケーションによる新しい相互作用中心のシステムをサポートするために必要な性能と価値を提供します。

IBM MessageSightの特長:

すぐれた拡張性と高性能

高い信頼性

開発者にとって使いやすいAPIとライブラリー

優れたセキュリティー

優れた統合機能

IBM MessageSightに関するリソース

関連情報

モノのインターネットを加速するIBM MessageSightビデオを視聴する(3分2秒,日本語字幕)

"モノのインターネット"を加速する IBM MessageSight"

企業内および企業間のモバイルと機器間(M2M)通信

IBM MessageSight V1.1は、MessageSight V1.0の機能に加え、エンタープライズ・アプリケーションのサーバー・クラスター間のモバイル・ワークロードのバランスを取る機能を含む複数の拡張機能を提供します。IBM MessageSightのリソース・アダプターは、IBM MessageSightからIBM WebSphere Application Serverへの直接接続を可能にします。より簡素化されたJava Platform, Enterprise Editionのアーキテクチャーは、Java Platform, Enterprise Editionアプリケーション向けのWebSphere Application Serverのクラスターを使用することで、より素早い構成、より簡単なモニター、および卓越した拡張性をサポートします。

IBM MessageSight V1.1は、開発者向けに、無料でダウンロード可能なIBM MessageSightの仮想イメージを提供します。この仮想イメージは、IBM MessageSightを使った、本番環境向けのモバイル・アプリケーションやM2Mアプリケーション開発が可能になります。

開発者向けのIBM MessageSightの仮想イメージは、developerWorksのIBM Messagingコミュニティーから入手できます。

IBM MessageSight V1.1は、以下を実現します。

詳細情報

モバイル・デバイスからシングル・サインオンでエンタープライズ・アプリケーションにアクセス可能。

セキュリティーを強化して、最も厳しい米国連邦政府のセキュリティー勧告にも対応。

新しいダッシュボードで操作性を改善

IBM Message Sightの最新バージョンにアップグレード

IBMソフトウェア・サブスクリプション & サポートの特典を利用して、IBM MessageSight(US)の最新バージョンにアップグレードできます。詳しくは、IBMソフトウェア・サブスクリプション & サポートの特典(US)を参照してください。

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください