急激に変化する緊急事態および危機発生時に合わせて運用体制を調整します

IBM Intelligent Operations Center for Emergency Management は、日常業務と危機発生時における問題および緊急事態管理ソリューションであり、運用情報を統合、関連付け、分析して地理的な共通運用画像と分析ベースの洞察を動的に作成することにより、意思決定と実施までに要する時間を短縮します。

Intelligent Operations Center for Emergency Management の画面イメージ

クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大

コマンド・センター・ワークステーションのユーザー・インターフェース



共通運用画像 (Common Operating Picture: COP)


COP は、コマンド・センター・ワークステーションのユーザー・インターフェースからの状況認識を可能にします。



データ接続ウィザード


データ接続ウィザードは、企業データ、レガシー・データ、オープン・データの統合を簡素化します。



エグゼクティブ・ダッシュボード


エグゼクティブ・ダッシュボード・ビューは、関連機関全体の重要業績評価指標 (KPI) を表示し、ミッションによって追跡される緊急事態応答準備も表示します。



フィールド・オペレーター / 最初の応答者モバイル・ユーザー・インターフェース



標準運用手順 (Standard Operating Procedure: SOP)


SOP は、コマンド・センター・ワークステーションのユーザー・インターフェースでユーザーによってアクセス可能です。



戦術的データ・レイヤー (Tactical Data Layer: TDL)


コマンド・センター・ワークステーションのクライアント・ユーザー・インターフェースには、避難経路候補を示した TDL が表示されます。同じ情報をエグゼクティブ・ユーザー・インターフェースやモバイル・ユーザー・インターフェースで表示することもできます。



「what if」操作モード


コマンド・センター・ワークステーションのユーザー・インターフェースには、決定を実施する前にその影響を検証することができるように「what if」操作モードが用意されているため、決定が想定外の結果になる状況が減少します。



データの収集

環境の理解

実施までに要する時間の短縮

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください