IBM Integration Busとは?

IBM Integration Busは、システムやアプリケーションが高速かつシンプルに相互通信するための市場をリードするエンタープライズ・サービス・バス(ESB)です。そのため、ビジネス価値の実現、ITの複雑さの軽減、コストの削減に役立ちます。

IBM Integration Busは、既存の技術への投資の価値を最適化するために、多様な統合の選択肢、スキル、インターフェースをサポートしています。ビジネス・トランザクションの監視(BTM)を実行でき、APIエコノミーと分析に不可欠なプラットフォームとなっています。IBM Integration Busにより、既存のシステムをモバイルやクラウドの環境に接続でき、ハイブリッド統合プラットフォームを形成できます。

IBM Integration Busの利点

  • 堅固な機能を活用して多様な統合の要件に対応し、あらゆる規模のプロジェクトのニーズに応えます。
  • ビジネス・アプリケーションやシステムを流れるデータに対する迅速なアクセス、可視性、制御を提供することで、組織全体でよりスマートなビジネス上の意思決定を支援します。
  • 幅広い異機種混合のアプリケーションやWebサービスを接続して、複雑なPoint-to-Point接続のニーズをなくします。
  • Microsoftのアプリケーションとサービスに対する幅広いサポートを提供して、既存のMicrosoft .NETのスキルやソフトウェアへの投資を最大限に活用します。
  • 標準化および簡素化された柔軟な統合の基盤を提供して、ビジネス・ニーズをより素早く簡単にサポートし、ビジネスの成長に合わせて拡張できるようにします。

無料評価版(30日間)

「今回のプロジェクトは、まったく問題なく進みました。IBM Integration Busは、実績ある製品であり、安定しています。良い製品を選んだと思っています。」

株式会社セブン銀行 執行役員システム部長 小山敬 氏

洞察とサポート

専門家や他の利用者から学びます。必要なときにサポートが受けられます。

IBM Integration Busに関する参照情報

セブン銀行

IBM Integration Busでシステム連携基盤を構築し、新サービスのスピーディーな提供と開発コスト削減の両立を実現

京セラドキュメントソリューションズ

プリンターや複合機を使ったIoT(モノのインターネット)サービス拡大も視野に、IBM Integration Busで強固なシステム連携基盤を構築

JFEスチール

60万件/日の大量データを安定して送り続けるデータ連携基盤にIBM Integration Busを採用

機能

IBM Integration Busには、以下の機能があります:

シンプルなWebベースのインターフェース

  • 大幅に簡素化された単一のパッケージでのインストールと、改善された単体テストのサポートにより、IBM Integration Busの使用を素早く開始できます。
  • ポリシー文書の導入、作成、編集、添付の新機能を備えた、改善されたWebブラウザーのユーザー・インターフェースを使用することで、IBM Integration Busの管理を簡素化します。
  • 共有ライブラリーにあるメッセージ・モデル、サブフロー、Java、ESQLコードなどの共通リソースを再利用して、メモリーを大幅に改善します。
  • ファイル、データベース、セキュリティーの機能拡張で、IBM Integration Busの可能性を拡大します。

より高度なやりとり

  • 既存のIBM WebSphere Enterprise Service Bus統合資産をインポートして変換することにより、IBM Integration Bus上で実行できるようにします。
  • 接続ポリシーを使用して、IBM WebSphere MQと柔軟に対話します。
  • IBM WebSphere MQをインストールすることなく、IBM Integration Busを使用できます。
  • IBM Integration BusパターンのGitHubリポジトリーにアクセスするように構成された拡張エクスプローラーなど、製品の拡張を統合コミュニティーと共有できます。

ビジネス・ニーズに対応するためのカスタマイズ

  • REST APIを迅速に作成して、JSONメッセージなどのモデル化されていないデータ構造を変換するために、新しいグラフィカル・データのマッパー機能を使用します。
  • MQ Telemetry Transportメッセージを使用して、パブリッシュ/サブスクライブ・ベースのアプリケーションを統合します。
  • グラフィカル・データ・マップとData Format Description Language(DFDL)の複数の新機能を使用して、データ構造を簡単に変換してモデル化できます。
  • 新しいアプリケーション・コネクターを作成して、ユーザー定義のノードを簡単に作成するために使用できます。

IBM WebSphere Message BrokerをESBとして使用したビジネスの接続

SOA環境におけるIBM Integration Bus Advancedとアプリケーションの相互運用性について説明します。

IBM Integration Busの概要

Salesforce Requestノード、REST API、Graphical Data MapperとCallable FlowsでのJSONスキーマの使用など、新しい機能について解説します。

IBM Integration Busでビジネスの俊敏性を向上

組織に直接的な価値を付加しながら、IT資産の間の接続を簡素化する方法を説明します。

エディションの比較

エディションの技術的な比較については、IBM Integration Bus Knowledge Center(US)を参照してください。

ビジネス・ニーズ IBM Integration Bus Standard IBM Integration Bus Advanced
  拡張する必要のない幅広い接続要件がある場合に最適なオプションです。 幅広いアプリケーションとデータで高性能を実現し、大量のビジネスに不可欠なトラフィックを管理していて、最も柔軟なデータ管理機能を必要としている場合に最適なオプションです。
業界をリードする統合ソフトウェア あり あり
幅広い接続オプション あり あり
簡単にインストールして使用できる開発ツール あり あり
幅広い機能による管理者の柔軟性 あり あり
クラウドへの拡張性 あり あり
モバイル統合のサポート あり あり
APIエコノミーのサポート あり あり
ビッグデータ分析のサポート あり あり
高度なユース・ケースに対応した追加のコネクター あり あり
異なる統合プロジェクトの分離 いいえ あり
ビジネス・トランザクションの監視 あり あり

Integration Bus on Cloud

フリートライアル オンデマンド(従量制プラン) 年間サブスクリプション
統合ソリューションを30日間にわたって無料でデプロイできます。 短期間のワークロードに柔軟性をもたらします。 企業向けに設計されており、コミットされた使用量に対して最適な価格となっています。
1つの統合ソリューションに制限 無制限の統合ソリューション インスタンスごとに1つの統合 - 無制限のインスタンスの追加
コミットメントなし コミットメントなし 最低12カ月のコミットメント
統合ソリューションごとに1GBのメモリー 統合ソリューションごとに4GBのメモリー 統合ソリューションごとに4GBのメモリー
    2920GB/時間/月の容量が付属
無制限ユーザー 無制限ユーザー 無制限ユーザー
フォーラムのサポート フォーラムのサポート 1日24時間、週7日のIBMサポート

業種

医療

IBM Integration Bus Healthcare Packは、あらかじめ作成されたパターンと接続を提供して、臨床用アプリケーションとデバイスを迅速に統合し、医療システムの接続を推進できるようにします。医療の提供者、支払者、受取人、ライフサイエンス機関のいずれであっても、さらに徹底して効率的に医療情報を交換することで、医療の品質を向上させ、人的ミスを削減できます。

IBM Integration Bus Healthcare Packの利点

  • Health Level Seven International(HL7)ベースの情報フローをサポートする臨床用アプリケーションとデバイスの統合
  • 遠隔での患者監視デバイスの統合をサポートするパターンとコネクター
  • 医療機関での統合の展開を加速する、作成済みの医療固有のツール
  • 統合のセットアップと保守を簡素化できる展開と構成の機能

臨床用アプリケーションの接続に伴うITの複雑さを解消します。


製造業

IBM Integration Bus Manufacturing Packは、異機種混合のITと運用の製造システムをシームレスに統合して、情報フローのスピードと信頼性を高めます。

IBM Integration Bus Manufacturing Packの利点

  • 標準装備のパターン・ベースのアプローチを使用する、共通の製造情報のフローの構成と展開の支援
  • 製造の自動化データへのアクセスと業種別アプリケーションのフォーマットへの変換。製造センター、企業、供給ネットワークにおける製造の活動状況に対する可視性が広くなります
  • 製造管理者向けの、機械と生産活動の状況のきめ細かいビューによる実働自動化データの監視の追加

ITの統合を加速して、事業運営を改善する方法を説明します。


小売業

IBM Integration Bus Retail Packは、多くの情報源からさまざまな形式で届く情報を強化して、複数のポイントに配布します。小売業者はほぼリアルタイムでデータを解釈することで、さらにビジネス価値を引き出すことができ、データがまだ移動している間にイベントを検出して、アクションを実行することができます。

IBM Integration Bus Retail Packの利点

  • 迅速な接続と生産性を実現する小売業に固有のパターンとツールの提供
  • 多数の小売業のアプリケーション・タイプとデータ・フォーマットの統合
  • アプリケーションを統合する単一の方法を選択する必要はなく、カスタマイズ可能な統合アプローチを提供

システムとプロセスを簡素化して、増加する要求に対応するために障壁を解消する方法の概要を説明します。

参照情報

評価版

IBM Integration Bus on Cloud

ITインフラストラクチャーを取得して維持する必要なく、プロジェクトを開始して統合ソリューションをクラウドに展開する方法をご確認ください。

ソリューションの概要

IBM Integration Busでビジネスの俊敏性を向上

“IBM Integration Busは、高い柔軟性と開発生産性を兼ね備えることにより、企業のESBとして役立つほか、ホスト、ERPやCRMなどのパッケージ製品、クラウドやモバイルとの連携など、幅広い連携ニーズをサポートします。”

IBM Knowledge Center

IBM Integration Bus バージョン10.0 のオンライン・マニュアル

技術情報

技術者向けに、IBM Integration Busの導入・構成方法から、最新技術情報、ハンズオン資料などをご紹介しています。

事例

セブン銀行

IBM Integration Busでシステム連携基盤を構築し、新サービスのスピーディーな提供と開発コスト削減の両立を実現

事例

京セラドキュメントソリューションズ

プリンターや複合機を使ったIoT(モノのインターネット)サービス拡大も視野に、IBM Integration Busで強固なシステム連携基盤を構築

事例

JFEスチール

60万件/日の大量データを安定して送り続けるデータ連携基盤にIBM Integration Busを採用

事例

インターネットイニシアティブ

既存システムを生かす連携共通基盤をIBM Integration Busで構築し、高可用性とコスト削減を両立

Resources

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください