メインフレーム・アプリケーション開発用の最新型の開発ツール

Rational Developer for z Systems
無料評価版(90日間)
Rational Developer for z Systems
無料評価版(90日間)

IBM Rational Developer for z Systemsは、z/OSアプリケーションを迅速かつ効率的に作成し、保守するための拡張ツール・セットを提供します。 この豊富な機能のセットは、バッチ、IBM CICS、IBM IMS、およびIBM DB2環境向けに設計された COBOL、PL/I、C++、アセンブラー、およびJava開発ツールから成り、ワークステーション・ベースのEclipseプラットフォーム用に最適化されています。開発者は、最新の対話型統合環境を利用して、生産性を高め、高品質のメインフレーム・アプリケーションを作成することができます。

Rational Developer for z Systemsには、以下の特長があります:

簡単に使用できる最新型のz Systemsアプリケーション開発ツール

完全に統合されたソース・レベルのデバッガー

最適化されたツール・サポート

ソース管理およびコラボレーティブ・ライフサイクル管理システムの統合

アプリケーション構造と品質の分析ツールの機能強化

Rational Developer for z Systemsに関する参照情報

Software Product Compatibility Reports (SPCR)ツール (US)を使用して、最新のシステム要件レポートを常に動的に生成できます。

IBM Rational Developer for z Systemsバージョン9.5.xは、Java 8で稼働するEclipseレベル4.4.2に基づいています。

バージョン9.5.0で導入された新機能および拡張機能は以下のとおりです:

発表レター

IBM Rational Integrated Development Environments V9.5の製品群

新機能を提供し、新しいEclipseレベルを導入します。

詳細はこちら (US)

記事

  • Making DevOps Real for z SystemsMaking DevOps Real for z Systems

    DevOpsが超高速大型コンピューターにどのように適しているかについて、Hayden Lindsey (IBM Rational Vice President および Distinguished Engineer)が解説します。

  • 2014 2013 2012 2011The Evolution to Modern Development

    組織が新しいパラダイムとビジネス予測に取り組むうえでRDzファミリーのツールがどのように役立つか、お読みください。

お客様導入事例

  • IBMSIBRA GmbH

    SIBRA GmbHの開発者たちの労力が少なくとも50%削減されました

  • IBMIBM CICS開発チーム

    IBM CICS開発チームがソフトウェア・ビルドをどのように簡素化しているかについてお読みください。

     

  • IBMINTER Versicherungsgruppe

    INTER Versicherungsgruppeにおけるアプリケーション開発の生産性がどのように向上したかについてお読みください。

ポッドキャスト

  • IBMメインフレーム開発をスマートに。

    Rational Developer for z Systemsの包括的な全体像を説明します。

  • IBMメインフレーム、IBM i、および分散アプリケーション開発の最新の動向

    RDzの新しい統合デバッガーについてわかりやすくご紹介します。

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください

Rational Developer for z Systemsに関する参照情報