モバイル、分散、メインフレーム、ミッドレンジ・プラットフォーム用の統合開発環境

IBM Rational Integrated Development Environment(IDE)は、開発者のデスクトップ上で稼働し、アプリケーションの開発、単体テスト、デバッグ、分析、最新化、および最適化を行うための豊富な機能を提供します。

Product editions:

Rational Application Developer for WebSphere Software: WebSphere環境向けの拡張エンタープライズ開発ソリューションです。このソフトウェアは、Java開発者がJava、Java EE、ポータル、WebおよびWeb 2.0、OSGi、Webサービス、SOAアプリケーションの設計、開発、組み立て、テスト、プロファイル作成、実装を行うことを支援します。開発プロセスの初期段階で問題を見つけて修正するのに役立つ、開発者向けのテストと分析のツールが含まれています。
機能 | 製品サポート

Rational Business Developer:
機能 | 製品サポート

Rational Developer for i: IBM iプラットフォーム(旧称: AS400)向けのアプリケーション開発をサポートします。さまざまな言語オプションをサポートし、多数のアプリケーション最新化技法を備えています。用意されているバージョンとして、「RPGおよび COBOL向けツール」、「RPGおよびCOBOL + 最新化ツールJava版」、および「RPGおよびCOBOL + 最新化ツールEGL版」があります。
機能 | 製品サポート

Rational Developer for the Enterprise: 異種混合のプラットフォームと言語を包括するエンタープライズ・アプリケーション開発をサポートし、IBM Rational Application Developer for WebSphere Software、Rational Developer for z Systems、Rational Business Developer、Rational Developer for i (Rational Developer for zEnterprise に代わって販売される製品) の全機能を含んでいます。
機能 | 製品サポート

Rational Developer for the Enterprise

Rational Application Developer for WebSphere Software

Rational Developer for z Systems

Rational Business Developer

Rational Developer for i

Rational Developer for AIX and Linux AIX COBOL Edition (US)

企業の革新はソフトウェアに依存し、ソフトウェアは開発者に依存しています。開発者はソフトウェアを迅速に作成し、初期品質の高いソフトウェアを配信して、次のプロジェクトを別のプラットフォーム上の別の言語で開発する必要がある場合でも即座に取り組んで生産性を発揮することが求められます。

IBM Rational Integrated Development Environment(IDE) は、一貫性のあるユーザー体験を提供し、多数の言語を使用する多数のプラットフォームに対応したアプリケーションの開発、単体テスト、デバッグ、分析、最新化、および最適化の機能をサポートします。IBM Rational IDEは一貫性と機能性を備えているため、開発者は新しい言語をより速く習得し、不慣れなコード・ベースを素早く理解することができます。

従来のツール(vi、emacs、シェル・スクリプト、ISPF、SEU、PDMなど)と比較すると、最新型IDE使用することによって、個々の開発者が生産性を発揮できるようになり、より高い初期品質のコードを提供することに役立ちます。

また、Rational IDEには次の特長があります:

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください