分析型意思決定支援アプリケーションを作成して実装するためのエンタープライズ・プラットフォーム


Using Decision Optimization Center:
Optimization and Decision Support Design Guide

Using Decision Optimization Center:
Optimization and Decision Support Design Guide

IBM Decision Optimization Center の構成可能なプラットフォームを使用すれば、業務上の意思決定を行う担当者がデータ分析に基づいて計画やスケジュール設定に関する大きな課題を解決できるようになります。業績を伸ばせるようにそれぞれの要件に合わせて調整したソリューションを作成するための労力や時間を削減し、リスクを低減できます。事業部門の管理者は、IBM Decision Optimization Center のビジネス分析や最適化のためのツールと巨大なデータ・リソースを組み合わせて、よりスマートな意思決定を行い、より高い投資収益率 (ROI) を達成できます。

IBM Decision Optimization Center には、以下の機能があります:

必要な情報の表示

開発の加速

実装アーキテクチャーの選択

CPLEX Optimizer の使用

業種別のリソースを組み込んだ 1つのプラットフォームの使用

クリックして拡大

強力な what-if 分析によるシナリオの比較

クリックして拡大

意思決定担当者に役立つ分析結果を表示するグラフィカル・ビュー

クリックして拡大

配送コンテナー管理ソリューションのマップ・ビュー

クリックして拡大

電車の時刻表のスケジューリング・エディター

クリックして拡大

トラックのスケジュールを表示するガント・チャート・ビュー

強力な what-if 分析によるシナリオの比較

.

意思決定担当者に役立つ分析結果を表示するグラフィカル・ビュー

.

配送コンテナー管理ソリューションのマップ・ビュー

.

電車の時刻表のスケジューリング・エディター

.

トラックのスケジュールを表示するガント・チャート・ビュー

.

強力な what-if 分析によるシナリオの比較

意思決定担当者に役立つ分析結果を表示するグラフィカル・ビュー

配送コンテナー管理ソリューションのマップ・ビュー

電車の時刻表のスケジューリング・エディター

トラックのスケジュールを表示するガント・チャート・ビュー

IBM Decision Optimization Centerに関する参照情報

企業レベルの計画と実行に関する意思決定に対応した分析型意思決定支援アプリケーションを活用すれば、統合バリュー・チェーン全体の業務効率を高めることができます。

IBM Decision Optimization Center は、さまざまな業務 (計画とスケジュール設定、資産インフラストラクチャー管理、サプライ・チェーン・マネージメントなど) を最適化して競争力を高めるための柔軟性の高いプラットフォームです。

IBM Decision Optimization Center には、以下の特長があります:

IBM Decision Optimization Center には、データ分析に基づいてアクションを実行するために役立つ機能を組み込んだ共通のインターフェースがあります。他の意思決定支援パッケージやカスタム・ソリューションや開発環境とは異なり、IBM Decision Optimization Center は、エンタープライズ、事業部門、IT 部門、開発部門のそれぞれのニーズに対応しています。

IBM Descision Optimization Center のアーキテクチャー

利点

ビジネス・プロセス・サポート (US) ― 業務上の意思決定を行う担当者がデータ分析のためのさまざまな機能やビューを使用し、その結果を用いて自信をもって決定を下すことができます。

コラボレーションによる計画策定 (US) ― 意思決定にかかわる複数の担当者が協力してエンタープライズ・レベルで価値を最大化できます。

アプリケーション開発用の IT アーキテクチャー・ソリューション (US) ― 最適化ベースの意思決定支援アプリケーションの開発と実装を簡略化できます。

拡張性の高い実装 (US) ― サーバー・ベースのデータと可用性の高い計算機能によって、拡張性の高い意思決定支援を実装できます。

最新のIBM Decision Optimization Center の機能強化は、以下に対応しています:

主な拡張機能は以下のとおりです:

国外にお住まいの方

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください