警察の業務データを検出、分析、共有することによって、犯罪対策に役立てることができます。

IBM i2 COPLINK は、警察の業務データを統合して連携を推進し、戦術的な手掛かりを見つけ出すために活用できるデータベース・アプリケーションです。COPLINK には、IBM i2 COPLINK Detect の拡張機能が搭載されています。それらの機能こそが COPLINK のコア機能であり、多種多様なソースのデータを一元管理するための大きな COPLINK データベースも含まれています。ユーザーは、写真のラインナップを生成し、検索履歴を保存し、調査内容を編成することによって、簡単にレポートを作成できます。

一元管理のデータ・ストアを除けば、COPLINK はモジュラー構成になっているので、ユーザーの特定の要件に対応した追加の犯罪対策ツールに合わせて調整でき、法執行(警察など)担当者による安全かつ効率的な犯罪捜査のために活用できます。

IBM i2 COPLINK には、法執行 (警察など) 担当官が活用できる以下のような機能があります:

捜査の手掛かりの発見

地図上のデータを可視化して分析

データ・ストアの一元管理

他の法執行 (警察など) 機関とのデータ共有

必要な時に必要な場所で情報を検索


顔写真レコード検索中の画面

正面顔写真を使用して戦術的な手掛かりを探すことができます。

時系列での検索結果画面

検索結果を地図上に時系列で再生表示します。

モバイルデバイスでの表示例

モバイル端末の Web ブラウザーを使用して戦術的な手掛かりを探すことができます。

地図で手掛りを検索中の画面

指定した地域で手掛かりを探すことができます。

公的支援: 生活福利チェックのビデオを視聴する

公的支援: 生活福利チェック

公的支援: 廃棄自動車のビデオを視聴する

公的支援: 廃棄自動車

公的支援: 不審人物のビデオを視聴する

公的支援: 不審人物

公的支援: 万引きのビデオを視聴する

公的支援: 万引き

正面顔写真を使用して戦術的な手掛かりを探すことができます。

IBM i2 COLPLINK

検索結果を地図上に時系列で再生表示します。

IBM i2 COLPLINK

モバイル端末の Web ブラウザーを使用して戦術的な手掛かりを探すことができます。

IBM i2 COLPLINK,IBM

指定した地域で手掛かりを探すことができます。

IBM i2 COLPLINK

i2 COPLINK Face Match

i2 COPLINK Mobile

i2 COPLINK Inbound Connector for LEXS-SR と i2 COPLINK Outbound Connector for LEXS-SR

i2 COPLINK File Exporter for COPLINK IEPD と i2 COPLINK File Exporter for N-DEx

i2 COPLINK Analysis Search Satandard (CAS)

i2 Adaptive Analytic Architecture (A3)

i2 COPLINK Incident Analyzer

i2 COPLINK Visualizer

i2 Active Agent

i2 Dashboard

i2 Active Correlation Technology

i2 COPLINK に関する参照情報

注: 世界のどの場所でもすべてのモジュールを入手できるわけではありません。それぞれの要件に適した入手可能なモジュールの情報については、営業担当チームにお尋ねください。

i2 COPLINK Face Match

法執行 (警察など) 担当官は、ターゲットの正面顔写真とよく似た写真を検索して、被疑者の特定に役立てることができます。

数百万件の顔写真レコードを検索できます。

デジタル画像を使用して被疑者を特定できます。

目撃者による確認のために使用できる顔写真の画像を取得できます。

i2 COPLINK Mobile

モバイル端末を使用して警察の業務データを担当官に提供します。

数百万件の顔写真レコードを検索できます。

コネクターと統合

さまざまなユーザーに警察の業務データを提供し、調査チーム同士の間で洞察を共有できます。複数の機関が共同で犯罪捜査に当たるときに役立つツールです。

i2 COPLINK Inbound Connector for LEXS-SR と i2 COPLINK Outbound Connector for LEXS-SR
i2 COPLINK File Exporter for COPLINK IEPD と i2 COPLINK File Exporter for N-DEx
i2 COPLINK Analysis Search Standard (CAS)


i2 Adaptive Analytic Architecture (A3)


分析と可視化

複雑な犯罪データを簡略化して犯罪活動に関する実用的な洞察を引き出すことができるため、従来の方法よりも犯罪捜査を迅速化できます。

i2 COPLINK Incident Analyzer
i2 COPLINK Visualizer

アラート通知と監視

リアルタイムに近いデータ・ストリームを引き出して、迅速な対応が必要な場合に担当官に通知します。疑わしい活動の監視や地域の犯罪防止のために役立てることもできます。

i2 Active Agent
i2 Dashboard
i2 Activity Correlation Technology

IBM COPLINK on Cloud

IBM COPLINK on Cloud は、可用性、信頼性が高く、セキュリティー機能が充実したものになるよう設計したプラットフォームに最新のアプリケーション機能を提供します。警察機関がソフトウェアとハードウェアを入手して構成する必要はありません。警察機関はこれらのリソースをニーズに合わせて迅速に活性化することができます。クラウドの導入はユーザーのニーズに合わせて拡大したり縮小したりできます。クラウドの導入によって、必要なアプリケーションの構成作業はクラウド・プロバイダーの作業領域になるため、警察機関のユーザー時間や IT のスタッフ要員を消費する必要が無くなります。

この柔軟で拡張が容易な COPLINK on Cloud ソリューション・スイートは、完全なクラウドの導入と、データを保有して直接ユーザーが制御できるようにしておくハイブリッド構成の両方をサポートします。これは、モバイル端末、ラップトップ、ワークステーションからアクセス可能です。

IBM COPLINK on Cloud ソリューションの概要のダウンロード (495KB,US)

IBM i2 COPLINK Everywhere

モバイル・ハンドヘルド・デバイスで IBM i2 COPLINK を利用する

IBM i2 COPLINK の最新バージョンには IBM i2 COPLINK Everywhere モバイル・アプリケーションが導入されています。IBM i2 COPLINK Everywhere によって、警察組織の最前線にいる警官が、現場にいるときや、警察車両に備えられた端末から離れているときにも、iOS や Android のデバイスでデータにアクセスできるようになります。i2 COPLINK Everywhere は、モバイル端末の便利で使いやすいタップやスワイプの技術を利用しており、現場での照会時間を短縮し、貴重な時間を大幅に節約します。

i2 COPLINK Everywhere をモバイル端末で使用することによって、警官は以下のことができます:

i2 COPLINK に簡単にモバイルにアクセスできるおかげで、警官は、判明している所属グループや最近の住所といった容疑者の情報を素早く検証でき、また車のナンバープレートや目立った特長 (例えば刺青) などの断片的な目撃情報を比較できるようになっています。被害者、目撃者、その他現場に居合わせた人々から聴取する間に、写真突き合わせや顔写真による身元確認を行うことができます。

 

ビデオを見る (3分10秒,英語)

ビデオを見る (3分10秒,英語)

IBM i2 COPLINK Everywhere が現場の警官にいかに役立っているかをご覧ください (3分10秒,英語)

 

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください