問題解決、視覚化、およびデータベース・アクセスのためのプログラミング言語


IBM® APL2® はエンド・ユーザーと開発者の両方によって使われる生産性の高い汎用プログラミング言語で、ビジネス上の問題を解決するための豊富な機能が備わっています。商業用データの処理、システム設計とプロトタイピング、エンジニアリング、科学上のコンピュテーション、数学その他の教科の教育など、さまざまな適用分野で広く使用されています。Workstation APL2 および APL2 for S/370 and S/390 Mainframes の 2 つのエディションが提供されています。この配列指向の環境では、ユーザーが膨大な量のデータをやりとりしながら、操作することができます。

APL2 の機能:

対話式の問題解決


強力なデータ分析


簡単なデータ・アクセス


グラフィック・ツール


移植性と分散性


主な参照情報

 

Below is the list of software and hardware required to install these products.

APL2 for Mainframes

Operating System Software Hardware
MVS/ESA, z/OS TSO/E zSeries
VM, VM/ESA, z/VM CMS zSeries

Workstation APL2

Operating System Software Hardware
AIX AIX 5.0 with Motif 1.2 and X Window System X11R5, or later pSeries
Linux on Intel A Linux distribution for PC compatible machines with glibc 2.3.2, Motif 2.2 and X Window System X11R6, or later
Solaris Solaris 7 with Motif 1.4 and X Window System X11R5, or later
Windows Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 10

Workstation APL2 V2.0 Service Level 24

Workstation APL2 for Multiplatforms V2.0 Service Level 24 is available for AIX, Linux, Sun Solaris, and Windows.

Highlights of this service level include:

国外にお住まいの方

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください

主な参照情報