IBM API Connectとは?

アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)は、サービス、アプリケーション、センサー、モバイル端末をつなげるデジタル版の接着剤として機能し、魅力的な顧客体験を作り出すことで企業が新しい市場機会を生かせるようにします。お客さまは新たなデジタル・サービスを市場に展開し、収益チャネルを増やし、顧客の期待に応えることができます。

IBM API Connectは、オンプレミス環境とクラウド環境の両方で、APIライフサイクルの重要な問題に対処するためのAPI管理ソリューションとして、APIとマイクロサービスの作成、実行、管理、保護の機能を提供します。

IBM API Connectの利点

  • アプリケーション・サーバー、データベース、エンタープライズ・サービス・バス(ESB)、メインフレーム用の高品質で拡張性の高い安全なAPIを数分で作成できます。
  • Node.jsやJavaを使用して、APIとマイクロサービスを作成、デバッグ、導入するための統合ツールを利用できます。
  • 開発者がAPIを素早く検出して利用し、企業のデータに安全にアクセスしたり、APIを監視してパフォーマンスを改善することを可能にするポータルを作成、管理できます。
  • 管理者は、APIとマイクロサービス全体のセキュリティーとガバナンスを管理できます。IT部門はAPIに関するポリシーを設定および実施して、バックエンドの情報資産を保護し、ガバナンスと法規制に準拠できます。

「すぐにクラウド環境に移行して、さまざまなシナリオを実装し、マーケットプレイスでテストして、即時に結果を得て、正しく動作するかしないかを把握し、意思決定を行ってから、長期的に適切なソリューションを構築することができます。」

Christos Kotsakis
Chief technology and innovation officer
Starwood Hotels & Resorts Worldwide


詳細はこちら(US)

洞察とサポート

専門家や他の利用者から学びます。必要であれば、ヘルプを取得します。

APIコミュニティー(US)

APIを数分間で作成する方法を学ぶことができます

リソース・センター

IBMでAPIプロジェクトを素早く開始する方法を学ぶことができます

ワークショップ(US)

APIの作成、実行、管理、保護に関する3日間のワークショップに登録してください。

機能

APIエコノミーへの参画を簡素化

APIエコノミーへの参画の簡素化と加速化を実現したい企業向けに設計されたAPI Connectは、作成、実行、管理、保護というAPIライフサイクルの4つのステップのすべてに対応した統合された管理ソリューションです。そのため、API Connectは、ライフサイクルのいくつかの段階だけに重点を置き、企業がコンポーネントを組み合わせると合計コストが増加する限定的なポイント・ソリューションよりもはるかに費用対効果に優れています。

API Connectの特長

  • APIとマイクロサービスの作成を含めて、APIライフサイクル全体でエンドツーエンドに統合された体験により、コストを削減して、アプリケーション開発を簡素化します。
  • 定型業務処理システム(Systems of Record: SoR)からのAPIの作成と検出を自動化して、市場に出すまでの時間を短縮します。
  • APIへのセルフサービス・アクセスにより、開発者による検出と利用を迅速化して、IT運用のセキュリティーとガバナンスの制御機能を提供します。
  • Node.jsとJavaで統一された管理のほか、複数の開発言語とフレームワークをサポートして、開発者の生産性を高め、中央のIT部門への依存度を軽減します。
  • ハイブリッド・クラウド・ライセンスにより、シームレスなプラットフォームの柔軟性と所有コストの削減を実現します。

IBM API Connectによるデジタル変革の加速

統合されたAPI基盤で安全に企業のデータとサービスを公開する方法を説明します。

デジタル変革のワークショップとサービス・エンゲージメント

IBMの専門家が、APIエコノミーを習得するために次のステップに進む方法を説明します。

API戦略を成功させるための重要な要因

動きの速いAPIエコノミーにおけるAPIのランドスケープと背景を概説します。

エディションの比較

Essentials Professional Enterprise
1カ月当たりのAPI呼び出し回数 50,000 500万 2500万
サポート コミュニティー・フォーラム 24時間365日のIBMのサポート 24時間365日のIBMのサポート
高可用性 N/A あり。最大2台のサーバーの単一のデータセンター 拡張。マルチサーバー、マルチデータセンター
分析 あり あり 拡張
APIゲートウェイ・ポリシー あり あり 拡張
APIアプリケーション開発者の人数 無制限 無制限 無制限
APIと製品の数 無制限 無制限 無制限
IBMクラウド上のクラウド・インフラストラクチャー3 適用 適用 適用
IBMクラウド上のデータ転送3 適用 適用 適用
実装のオプション お客様またはIBMによる管理 お客様またはIBMによる管理 お客様またはIBMによる管理
API Connect Create for Node.js (Java4) 適用 適用 適用
実働前のコネクター 基本1と拡張2 拡張2 拡張2
実働のコネクター 基本1 拡張2 拡張2
1カ月当たりの追加のAPI呼び出し回数 N/A 100K回のAPI呼び出し/月 100K回のAPI呼び出し/月
  1. 基本コネクター: REST、MySQL、PostgreSQL、MongoDB、Redis、Couchbase、IBM Cloudant、Neo4j、Apache Kafka、z/OS Connect、Whisk、メモリー、メール
  2. 拡張コネクター: 基本コネクター + IBM DB2、Microsoft SQL Server、Oracle、SAP HANA、SOAP
  3. クラウド・インフラストラクチャーとデータ転送の追加料金なしに、BluemixでProfessionalとEnterpriseのAPI呼び出しボリュームの1%を利用できます。詳細はお問い合わせください
  4. Javaの場合、各サブスクリプションには、ProfessionalまたはEnterprise内の最大200PVUのWebSphere Liberty Coreが含まれています。Essentialsの場合は、Liberty評価版を使用してください。

Resources

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談ください