株式会社エスツー

GPUとIBM Asperaを備えた仮想デスクトップ環境で大容量の映像データ編集が抱える課題の解決に挑む

掲載日 2016年05月30日

当社が考えるサービスは、GPUを搭載したサーバー上の仮想デスクトップ環境で安全かつ確実に大容量のデータを納品できるようにすることです。IBMは、IBM AsperaもGPUも提供できるため、当社の要求をすべて満たす形で提案してくれました

株式会社エスツー 代表取締役 最高経営責任者(CEO) 須藤晃平氏

お客様名
株式会社エスツー

業種
Computer Services

地域
Japan

概要

株式会社エスツー(以下。エスツー)は、音声や画像データを高速処理するGraphics Processing Unit(以下、GPU)と、既存ネットワーク環境で大容量のデータを安全かつ確実に高速転送するソリューションIBM Asperaを組み合わせ、どこででも大容量のデジタルデータが編集でき、どこからでも確実に転送できるサービス「S2 GPU CLUSTER(エスツー ジーピーユー クラスター)」の提供を開始しました。

お客様ニーズ
これまで、地方を拠点に活動する映像関連の企業では、首都圏の発注元とのデータの受け渡しにネットワーは利用されていませんでした。データ量やサイズが大きく、既存のネットワーク環境では転送速度が著しく遅れ、データ劣化が懸念されるためです。エスツーは、遠隔デスクトップ環境で映像やCGなどの大容量データを編集し、IBM Asperaで納品できる仕組みを作れば、地方の人たちもその場で大容量のデータを首都圏に送れるようになると考えました。

ソリューション
GPUを搭載したサーバー上の仮想デスクトップ環境で安全かつ確実に大容量のデータを納品できるようにするというエスツーのサービスを単独で実現できるのは、IBM Asperaだけでした。他社はデータ転送サービスしか提供していないため、エスツーがサービス自体を開発しなければなりません。しかし、そのような開発のための時間も要員もエスツーにはありませんでした。

導入効果
S2 GPU CLUSTERを試用したユーザーからは、あらゆる作業や操作のスピードが大幅に速くなったとの高い評価を得ています。この結果から、エスツーは、S2 GPU CLUSTERが多くのユーザーに受け入れられるだけでなく、業界全体での仕事のやり方までも変えていくのではないかとも思っています。エスツーは、S2 GPU CLUSTERを提供することで、地方に活動拠点を持つ映像やCG関係の企業も首都圏の企業と同じように仕事ができるようになれば、大きく地方創生にもつながると考えています。

製品・サービス・技術 情報

当事例で使用されている主な製品・サービスは下記の通りです.

ソフトウェア
Aspera Connect Server, Aspera Enterprise Server

Legal information

エントランスの写真

 

株式会社エスツー

〒010-0001
秋田県秋田市中通二丁目2-32 山二ビル9 F

2006年5月に設立された株式会社エスツーは、「日本一融通が利くサーバー屋」を 目指し、データセンター事業やフルマネージドホスティング事業などを展開しています。