企業のクラウド導入には、セキュリティーに対する構造的なアプローチが必要です

ご使用のクラウドがオンプレミス、オフプレミス、あるいはハイブリッドのいずれであろうと、クラウドのデータ・セキュリティーは最優先事項です。クラウドの動的な特性ゆえに、従来のセキュリティー手法よりも自動化され、俊敏性と弾力性を備えたアプローチが必要です。IBMが提供するクラウド保護テクノロジーで、現状のセキュリティー・ポリシーを変革しましょう。

クラウドの導入と使用状況にセキュリティーを適合

セキュリティー・クラウド - 作成アイコン

クラウド・ワークロードの
安全な作成

セキュリティー・クラウド - 統合アイコン - デスクトップ・デバイスとモバイル・デバイス

既存のアプリケーション
およびデータの安全な統合

セキュリティー・クラウド - 利用アイコン

あらゆるアプリケーションの
安全な利用

クラウド・セキュリティー・アイコン

IBMのクラウド・セキュリティーにより、お客様のビジネスは防御力を革新・向上させ、リスクを改善できます。

IBMのクラウド・セキュリティー機能でできること

バイナリー・コード - クラウド

アクセス管理

ユーザー、特権、クライアント

ガバナンスとポリシーの適用、強力な ID とアクセスの制御、不正防止を可能にします

バイナリー・コード - クラウド

データ保護

データベース、ワークロード、コンテンツ

アプリケーション開発の安全性を確保し、データベース、ボリューム、共有を保護して、内外からの脅威を防止します

バイナリー・コード - クラウド

可視化

異常、脅威、アクティビティー

アクティビティーと監査証跡をモニターし、リアルタイムの脅威インテリジェンスとアラート機能に取り組み、正常性を確認します

主なソリューション