IBM Cloudの基幹業務利用を支援する標準運用付きのマネージド・サービス Oracle向けとインフラ向けのサービスを拡充


TOKYO - 27 11 2018:
2018年11月27日

日本IBMは、IBM Cloudを利用するお客様向けのマネージド・サービス「IBM Services for Managed Applications」に、オペレーティング・システムとOracle ソリューション向けに標準運用を提供するサービスを追加して2019年2月より提供を開始します。これにより、すでに提供しているSAP向けサービスとともに、IBM Cloudのマネージド・サービスを拡充し、IBM Cloudのさまざまな活用を支援します。

「IBM Services for Managed Applications」は、IBM Cloud上でSAP ApplicationやOracle ソリューションを利用したいというお客様に対し、オペレーティング・システム、データベースやアプリケーションの標準運用・保守を支援するサービスです。マルチ・テナント環境でのサービス提供に加え、ベアメタル上でサービス提供するメニューを新たに開始します。ベアメタルでは、お客様専用のサーバー・リソースに対するコントロールを持つことができるため、データの機密性を確保したいお客様でもクラウドを利用しやすくなります。また、当サービスはグローバルですでに提供しているため、豊富な知見やスキルを活用して日本のお客様にも高品質で実績のあるサービスを提供できます。

Oracle向けサービスでは、Oracle VMをサポートしマルチ・テナントでのサービス提供し、仮想化環境の柔軟性と、Oracleライセンス費用の適切な維持管理の両立を可能にします。

対象となるOSは、WindowsとRed Hat Enterprise Linux、Oracle Linuxで、提供方法はOSのみのメニューと、OSとアプリケーションを対象とするメニューがあります。

「IBM Services for Managed Applications」の価格は個別見積もりとなります。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。