Skip to main content

クラウド・ネイティブなアプリ開発環境をプライベート・クラウドで実現

新製品「IBM Cloud Private」の提供で、コンテナ技術、マイクロサービス、APIの価値を企業にもたらす

TOKYO - 08 11 2017:

2017年11月8日

日本IBMは、コンテナ技術を採用するアプリケーションの開発環境である「IBM® Cloud Private(クラウド・プライベート)」の提供を、11月8日より開始します。最小構成の価格は、月額130,400円(税込、4コア)、評価目的でのみ利用できる無償のコミュニティ・エディションも提供します。

エンタープライズ領域で、クラウド・アプリケーションの開発が浸透してきていますが、インターネット経由での操作への懸念やパブリック・クラウド上にデータを置くことによるリスク対策と管理のさらなる強化、自社だけに限定されない特権IDの所有、監査証跡やログなどにより、クラウド化が進んでいないアプリケーションもあります。

IBM Cloud Privateは、コンテナ、Kubernetesなどオープン・テクノロジーを基盤技術として採用し、様々なソフトウェアと共にクラウド・ネイティブ・アプリケーションの開発と運用に必要な環境を、プライベート・クラウドまたは企業のオンプレミス環境に、迅速かつ容易に構築できるクラウド基盤ソフトウェアです。

IBM Cloud Privateを利用すると、企業は、俊敏性に優れ、新しい技術や発想を取り入れたモダンな、マイクロサービス化されたアプリケーションを開発し、パブリック・クラウド、プライベート・クラウドへの展開に加えて、オンプレミス環境のアプリケーションのモダナイズを図ることができ、クラウド化に進めなかったアプリケーションをクラウド化することができます。本製品は、DockerコンテナとCloud Foundryの両方をサポートします。Dockerコンテナはオープン・ソースであるKubernetesによりコンテナアプリの配置とスケーリングの自動化に対する管理を集約することができます。このため、アプリケーションのワークロードを任意のクラウド環境に展開するポータビリティ性、ベンダーロックインの回避などが図れます。

IBM Cloud Private の発表に合わせ、IBMは、ビジネスに不可欠なアプリケーションやデータの実行と保護に幅広く利用されているIBM WebSphere LibertyやDb2、MQなどの、企業向けソフトウェアの新しいコンテナ化されたバージョンを発表しました。これにより、IBM Cloudのプライベート・クラウドとパブリック・クラウドやその他のクラウド環境でデータの共有やアプリケーションの展開がより容易になります。

IBM Cloud Privateの主な特長

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Power Systems、IBM Z、Db2、Netcool、UrbanCode、WebSphereは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。
JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。