Skip to main content

ServiceNowを活用した包括的ビジネスを本格提供開始


TOKYO - 31 10 2017:

2017年10月31日

日本IBMは、ITサービス・マネージメントとビジネス・プロセスの自動化などをクラウド環境のSaaSで提供する「ServiceNow」を活用したビジネスを本年10月から本格的に開始します。日本IBMは「ServiceNow専門組織」を設立し、コンサルタント、オートメーションを専門とするIT技術者などから構成され、ServiceNow Japan株式会社 (本社:東京都港区、社長:村瀬将思)と共に営業活動を推進し、お客様のデジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みを支援します。IBMとServiceNowは本年2月にグローバルな戦略的パートナーシップに合意し、グローバルでの豊富な実績やスキルおよびIBMのコグニティブ、オートメーション・テクノロジーを融合し、日本のお客様に価値を提供していきます。

企業の経営戦略を支えるITが複雑になる中、運用管理の効率化や安定化を目指したITサービス・マネージメントの自動化への関心が高まっています。また、自動化を進めるためには、優れたソリューションと共に、導入や運用に関する豊富な実績やスキルを生かした最適なサービス・フレームワークを構築することが重要となります。

ServiceNowは、ITサービス・マネージメント、ITオペレーション・マネージメント、ITビジネス・マネジメントなどをSaaSで提供し、統合されたITサービス管理プラットフォームによって自動化を支援しています。さらに、ITだけでなく、人事、カスタマーサービス、セキュリティーオペレーションなどのサービスも提供しています。

IBMは2011年からServiceNowの包括的なソリューションのマネージド・サービス・プロバイダーとなっており、世界中の数多くのプロジェクト経験があります。これらのグローバルでの豊富な実績に基づくベスト・プラクティスや、既に導入され再利用可能なサービス・アセットを活用し、高品質で迅速なシステム構築を支援します。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate