Skip to main content

IBMとMIT、人工知能の共同研究を推進するためにMIT–IBM Watson AIラボを新設

IBMは、AIハードウェア、ソフトウェア、アルゴリズムの発展のためにMITとの新しい研究所に10年間にわたり2億4,000万ドルを投資

TOKYO - 12 9 2017:

2017年9月12日

[米国マサチューセッツ州ケンブリッジ - 2017年9月7日(現地時間)発]
IBM(NYSE:IBM)とマサチューセッツ工科大(MIT)は本日、IBMがMITと連携し、MIT–IBM Watson AIラボを設立するために、10年間にわたり2億4,000万ドルの投資を計画していることを発表しました。当研究所では、人工知能(AI)に関する基礎研究を行い、AIの潜在能力を引き出す科学的ブレークスルーの促進を目指します。このコラボレーションは、ディープ・ラーニング(深層学習)やその他の分野に関連するAIハードウェア、ソフトウェア、アルゴリズムを発展させ、ヘルスケアやサイバーセキュリティーなどの業界におけるAIの利用効果を高め、社会に与えるAIの経済的および倫理的な影響について研究することを目的としています。当研究所へのIBMの2億4,000万ドルの投資は、IBMとMITの研究員による研究を支援します。

この新しい研究所は、AIに関する過去最大級の長期的な産学連携のひとつとなります。米国マサチューセッツ州ケンブリッジに設立されるIBMの研究所には、100人を超えるAIに携わる研究員、大学教授、学生という人材を集めて、共同研究を推進します。当研究所は、MITのキャンパスに隣接しているマサチューセッツ州ケンブリッジのケンドール・スクエアにあるIBM Watson Health ならびにIBM Securityの本部と同じ場所に所在します。

当研究所の所長は、IBM Research バイス・プレジデントAI and IBM Q担当のダリオ・ギル(Dario Gil)とMIT工学部のアナンサ・P・チャンドラカサン(Anantha P. Chandrakasan)学部長が共同で務めます。IBMとMITは、以下のような複数分野でAIサイエンスとテクノロジーの限界を押し上げるための共同研究のアイデアの提案を、MITとIBMの研究員に求めることを計画しています。

AIの未開拓分野の研究を前進させるイノベーションを生み出すというIBMの計画に加え、新しい研究所はMITの教職員と学生が研究所で開発されたAIに関する発明やテクノロジーを商用化するための企業を立ち上げるよう促すことを明確な目標にしています。また研究所の研究員も、研究成果を公表し、オープンソース・マテリアルの公開に貢献するほか、AIの倫理的な適用を支持する活動を推し進めます。

IBMのコグニティブ・ソリューションおよびリサーチ担当シニア・バイス・プレジデントであるジョン・ケリー(Dr. John Kelly III)は、次のように述べています。「人工知能の分野は、過去10年間に驚くべき成長と進歩を経験しました。しかし、現在のAIシステムは、今でも素晴らしいとはいえ、ますます困難になる現実世界の問題に取り組み、私たちの仕事と生活をより良いものにするための新しいイノベーションをまだ必要としています。MITとIBMの他に類を見ないきわめて幅広く深い技術的能力と人材は、少なくとも今後10年間のAI分野をリードするでしょう」

MITのL.ラファエル・リーフ(L. Rafael Reif)学長は、次のように述べています。「今回の新しいコラボレーションをたいへんうれしく思います。真のブレークスルーは、新らしい研究チームのあり方に触発された斬新な考え方から生まれることが多々あります。今回の新しい取り組みに専念するMITとIBMの人材を組み合わせれば、知識を進展させ、重要な課題の解決に役立つ、驚くべき大きな可能性のある分野に、並外れた能力がもたらされることでしょう」

MITもIBMも、人工知能の研究分野を切り開いてきています。今回の新しい研究所は、双方の数十年にわたる研究関係に基づいています。2016年、IBM Researchは、MITのDepartment of Brain and Cognitive Sciences(脳認知科学科)との複数年の共同研究を発表し、人工知能の中核であるマシン・ビジョン分野の研究を推進しています。この共同研究には優れた脳科学者、認知科学者、コンピュータ科学者が集結し、脳の次世代モデルからの知見を活用しながら、視聴覚データ・ストリームの教師なし機械学習の分野においてマシン・ビジョンの進展に貢献する研究を推進してきました。さらに、IBMとBroad Institute of MIT and Harvardは、5年間で5,000万ドル規模となるAIとゲノミクスに関する共同研究を立ち上げました。

MITの研究者たちも、1950年代に「人工知能」という言葉を生み出し、世の中に広めた立役者の一員でした。MITはその後数十年の間に、ニューラル・ネットワークからデータ暗号化、量子コンピュータ、クラウドソーシングに至るまで、大きな進歩を遂げています。人工知能の領域の創設者であるマービン・ミンスキー(Marvin Minsky)氏は、初の人工ニューラル・ネットワークの構築に関わる共同研究に参加し、シーモア・パパート(Seymour Papert)氏とともに学習アルゴリズムを発展させました。現在、MITのComputer Science and Artificial Intelligence Laboratory(コンピュータ科学・人工知能研究所)、the Media Lab(メディアラボ)、Department of Brain and Cognitive Scienes(脳認知科学科)、MIT Institute for Data, Systems, and Society(データ・システム・社会研究所)は、MITにおけるAIやそれに関連する研究のためのつながりのあるハブとして機能しています。

IBMは20年以上にわたり、多くの領域や業界でAIの応用について研究してきました。IBM研究員はWatsonを発明し、構築しました。Watsonは、企業や開発者、大学などががんとの闘い、教室での学習の向上、公害の低減、農業や石油・ガス探査の向上、投資のさらなる適切な管理といった分野で使われているクラウド・ベースのプラットフォームです。現在、世界中のIBM研究員はAIアルゴリズムや科学技術の基本的な発展に取り組み、次世代の人工的なインテリジェント・システムの道を切り開こうとしています。

詳しくは、MITIBMWatsonAILab.mit.edu. (英語)をご覧ください。

関連画像:MIT and IBM form New AI Research Lab (US)

当報道資料は、2017年9月7日(現地時間)にIBM Corporationが発表したプレスリリースの抄訳です。原文は下記URLを参照ください。
https://www-03.ibm.com/press/us/en/pressrelease/53091.wss (US)

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。
現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。