Skip to main content

ソニー、ソニー・グローバルエデュケーション IBMクラウドで稼働するブロックチェーン技術を活用して 教育データシステムを開発

教育データの管理を支援し、教育システムの効率を向上する基盤を構築

TOKYO - 09 8 2017:

2017年8月9日


日本IBMは、ソニー株式会社と株式会社ソニー・グローバルエデュケーションがIBMクラウド上で稼働するブロックチェーン技術を用いて、複数の教育機関が保有する児童・生徒の学習状況などのデータを一元的に管理し、信頼性のある学習データやデジタル成績証明書等の登録・参照ができるシステムを開発したことを発表します。

新開発のシステムは、改ざんが困難な形で事実情報を登録する機能と、登録情報へのアクセスコントロール機能を有し、権限付与した第三者へ信頼性の高い情報開示を可能にするものです。本システムは、IBMクラウドおよびLinux Foundationが提唱するHyperledgerプロジェクトの1つであるブロックチェーンのフレームワーク、Hyperledger Fabric 1.0を活用するIBM Blockchainに基づいています。

ソニー・グローバルエデュケーションの新システムはIBM Blockchainを採用することで、ブロックチェーン技術の特長である高いセキュリティーを活かして、児童・生徒の教育データの安全な管理、APIを通じた教育機関やサービス提供事業者とのデジタル成績証明書のデータ共有、単一リポジトリーによるデータ統合が可能になります。

ブロックチェーン技術は、トランザクションに透明性と信頼性をもたらします。ユーザーは、第三者による改ざんや変更が不可能なネットワークを構築することができます。ブロックチェーンでトランザクションが生じると、ネットワークのすべての関係者がトランザクションを参照でき、共通の事実に基づいて運用されます。

ソニー・グローバルエデュケーションについて
ソニー・グローバルエデュケーションは「誰もが簡単に教育を受けられるように、誰もが競い合い、学び合えるように、従来のアプリケーションやサービスの枠組みを超えたグローバル仕様の教育サービスを提供して、新たなインフラを創造すること」をそのミッションとしています。そして、ブロックチェーンが未来の社会インフラに大きな影響を及ぼす重要技術と捉えており、今回開発したシステムとさまざまな教育機関のシステムを連携させ、新たな教育インフラを創り上げていきます。

IBM Blockchainについて
IBMはオープンソースを採用するブロックチェーン・ソリューションを企業向けに構築する企業です。産業横断的なブロックチェーン技術の利用を推進するため誕生したオープンソースの取り組みであるHyperledgerの初期メンバーとして、IBMはオープンに管理されたブロックチェーンの開発支援を推進しています。IBMは、金融や医療などの業種や、サプライチェーン管理、モノのインターネット、リスク管理、デジタル著作権管理などの応用が見込まれる分野の400社を超えるお客様と協働して、ブロックチェーン・アプリケーションを導入してきました。

関連する resources

サイトリンク

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate