日立製作所の新しいメインフレーム環境にハードウェア技術を提供


TOKYO - 23 5 2017:
2017年5月23日

日本IBMは、株式会社日立製作所(以下、日立)が2018年度から日本市場で提供予定の新しいメインフレーム環境において、IBM® z Systemsハードウェアの最新技術を提供していくことを発表します。これにより、日立のお客様は重要な基幹データやオペレーティング・システムを含むソフトウェア資産を継承しながら、IBMのメインフレームが持つ最新技術を活用できるようになります。

IBMと日立はこれまでも長きにわたり、企業向けコンピューターの分野で協業してきました。日立は今回、この協業範囲を拡大し、IBMが世界中で提供する最新のメインフレーム技術を活用することを決定しました。

今回の協業は、メインフレーム技術において革新を提供し、幅広いソフトウェアやアプリケーションをサポートするためのオープン・エコシステムを促進するというIBMのコミットメントをさらに進めるものです。IBMは最近でも、IBM z Systemsのスピード、拡張性および信頼性を活かした新しいオファリングとして、クラウドベースのブロックチェーン・サービスや大量のデータを分析する機械学習などへの対応を相次いで発表しています。

IBM z Systemsのメインフレームは世界の銀行トップ50社中44社、保険業界トップ10社、小売業界トップ25社中18社といった世界中の主要企業の基幹システムを支えています。今回、50年以上にわたり企業・団体の基幹システムを支えてきた日立と協業することで、より多くのお客様に先進的なメインフレーム技術がもたらす価値を提供していきます。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、z Systemsは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。