サイバー・セキュリティー対策で業界のコラボレーションを推進

「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」を結成しパートナーと連携

TOKYO - 13 10 2016:
2016年10月13日

日本IBMは、IBMのセキュリティー・アナリティクス製品「IBM Security QRadar」にビジネス・パートナーが自社のアプリケーションを追加して利用できるようにする取り組み「IBM Security App Exchange」について、日本のビジネス・パートナーとのコラボレーション(協力)を深めてエコシステムを構築する「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」を、本日結成します。

サイバー攻撃が巧妙化、複雑化するにつれ、サイバー攻撃のリスクの高まりが予想される中、ITセキュリティーは、情報システム部門だけの課題ではなく経営層が考えるべき最重要事項です。そのため、攻撃を受けることを前提に最新のIT技術を活用することに加えて、サイバー攻撃に関する情報を各社が連携してコラボレーションするエコシステムを構築し、サイバー攻撃に対応する時代へと変わりつつあります。

IBMは、セキュリティー・ビジネス戦略の一つとして「コラボレーション」を掲げています。今回発表した「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」は、2015年12月にグローバルで発表された「IBM Security App Exchange」について、日本での取り組みを拡充するものです。

「IBM Security App Exchange」では、IBMのセキュリティー・アナリティクス製品「IBM Security QRadar」のアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を公開し、ビジネス・パートナーが自社のアプリケーションを追加してカスタム・アプリケーションとして提供します。お客様は必要なソリューションをダウンロードして迅速に導入できます。これにより、「IBM Security QRadar」の機能や適用領域が拡充され、IBM単独で取り組むよりも幅広いサイバー対策としてお客様を支援できます。グローバルでは、ユーザーのふるまい分析、インシデントの視覚化といった分野において、すでに60以上のQRadar関連アプリケーションをが提供されています。

今回発表した「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」では、日本のビジネス・パートナーが「IBM Security App Exchange」にてアプリケーションを提供する際の技術支援を行います。また、マーケティング活動や参加各社の情報交換なども実施します。現在、以下のビジネス・パートナーが参加を表明しており、今後とも拡充を図る予定です。

参加企業は次の通りです。(社名アルファベット順)
Carbon Black社
Cybereason社
Exabeam社
ファイア・アイ株式会社
トレンドマイクロ株式会社

また、次の企業は、「IBM Security App Exchange ジャパン・エコシステム」参加に向けて今後アプリケーションを開発していく予定です。
エムオーテックス株式会社

IBMでは、コラボレーションを進めるための取り組みとして、サーバー脅威に関するインテリジェンス情報を共有するプラットフォーム「IBM X-Force Exchange」も提供しています。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Security

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。