Skip to main content

「ジャイアンツハッカソン」開催

読売新聞、読売巨人軍、データスタジアムの協力で、試合成績データなどを活用して、ファンが楽しめるアプリを開発

TOKYO - 22 2 2016:

2016年2月22日
株式会社サムライインキュベート
日本アイ・ビー・エム株式会社

日本IBMとサムライインキュベートは、読売新聞社、読売巨人軍、データスタジアム、各社の協力を得て、2016年3月19日より「ジャイアンツハッカソン」を開催いたします。「ジャイアンツハッカソン」では、「ITを通じて野球の楽しさを、もっと多くの人に伝えたい!」をテーマに、試合成績データ、選手画像データ、Webアクセス数など、読売ジャイアンツに関連するビッグデータを活用して、ジャイアンツのファンが試合観戦やスタジアムの外で楽しめるアプリを開発し、競い合います。

近年の健康志向や盛況な国際イベントなどにより、スポーツに対する熱気が高まっています。特に、数あるスポーツの中でも、野球は 多くのファンに愛され、日本におけるプロスポーツの地位をいち早く確立したという歴史と伝統を持っています。近年、スポーツにもっとITを取り入れて、より高度にスポーツを楽しむ、もしくはスポーツビジネスを活性化するための 「SportTech(スポーツテック)」に注目が集まっており、データ解析、IoT、ウエアラブル、コグニティブといったテクノロジーを活用すれば、歴史と伝統あるプロ野球にも、新たな楽しみ方が加わると確信しています。ジャイアンツの魅力をよりいっそう高め、プロ野球の観戦環境やビジネスに新たな価値をもたらすアプリの創出を期待しています。

「ジャイアンツハッカソン」開催概要

事前説明会
日 程:3月19日
場 所:読売新聞ビル(東京・大手町) および東京ドーム(東京・水道橋)

ハッカソン
日 程:4月9日〜4月10日
場 所:サムライスタートアップアイランド (東京・天王洲アイル)

ファイナリストによる決勝戦「デモデイ」
日 程:4月27日
場 所:読売新聞ビル(東京・大手町)

募集要項・条件などは、http://event.samurai-incubate.asia/yomiuri-hack/にてお知らせします。

※「ハッカソン」:「Hack」と「Marathon」をあわせた造語で、短期、集中的に共同作業でソフトウェアを開発する技術とアイデアを競い合うイベントです。今回のハッカソンでは、IBMの開発プラットフォームである「IBM® Bluemix」のAPIやサービスが提供され、高度な機能を持ったアプリの短期開発を支援します。

株式会社サムライインキュベート
【代表者】 代表取締役CEO 榊原 健太郎
【設 立】 2008年3月14日
【所在地(東京本社)】 東京都品川区東品川2-2-28 2F SamuraiStartupIsland
【所在地(イスラエル支社)】 2F, Nahalat Biyamin St 52, Tel Aviv, Israel
【URL】 http://www.samurai-incubate.asia/
【問合せ先】 http://www.samurai-incubate.asia/contact
【事業内容】 シード・アーリーベンチャーへの経営・マーケティング・営業・人事・財務・CI戦略支援

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing
Corporate