Skip to main content

日本取引所とブロックチェーン技術の実証実験で合意


TOKYO - 16 2 2016:

2016年2月16日

日本IBMは、株式会社日本取引所グループ(以下、JPX)と共同で低トランザクション市場を想定したブロックチェーン❇︎1技術に関する実証実験を、3月より支援することで合意しました。

ブロックチェーンはより多くの取引参加者に対し、低コストで効率的な取引の仕組みを実現できる可能性があり、海外においても実証実験が行われるなど、高い関心を集めています。

今回、日本IBMはJPXと共同で、ブロックチェーン技術の特性を長短所の両面から早期に把握し、ブロックチェーン技術の評価と低コストでの運営可能性を検証します。

本実証実験では、業界標準として広く普及する可能性や、各種認証方式やプライバシー要件、複数資産カテゴリー、複雑な業務処理への適用を勘案し、多くのオープン技術を確立してきたオープンソース・コミュニティであるLinux Foundationが提唱するハイパーレジャー(Hyperledger)プロジェクトのフレームワークを利用予定です 。

ハイパーレジャーの開発には、グローバルのIBM リサーチが貢献しています。今回の実証実験で日本IBMは、IBM東京基礎研究所を含むIBMリサーチとの連携や、金融機関を含む60社を超えるグローバルでのお客様との検討実績といったグローバルのネットワークを活かした支援を推進していきます。

❇︎1: 分散型台帳技術。取引記録や資産登録簿などのデータを分散型ネットワーク上の参加者にて安全に共有し管理する技術。低コストでの構築運用が可能と考えられている。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate