z13メインフレームを発表


Select a topic or year


TOKYO - 15 1 2015:

2015年1月15日

z13メインフレームを発表
~史上最もパワフルかつセキュアなシステム~

日本IBMは本日、「IBM® z13(以下、z13)」を発表します。z13は、モバイルを中心としたデジタル・テクノロジーが生み出す数兆単位のトランザクションを高速に処理するのみならず、トランザクション処理を行いながらデータ分析を効率的かつセキュアに実現する最新のコンピューター・システムです。z13は10億ドル以上の投資、5年の開発期間、500以上にも上る新しい特許によるイノベーションの成果であり、お客様に高付加価値で革新的な技術を提供するというIBMのコミットメントを強調するものです。

z13の主な仕様は以下の通りです。


これら最新テクノロジーを実装したz13は以下の3つを主軸にデジタル・テクノロジーが牽引する新たな時代に向けたお客様のビジネス成長をご支援していきます。

・急増しつづけるモバイルからの要求にミリ秒で応答

z13は、1日25億トランザクションを処理する能力を有する初めてのシステムです。2025年までに1日40兆ものトランザクションを発生すると予測されているモバイル・トランザクションの爆発的な増加に比類なき処理能力と高度なセキュリティー機能で対応します。*1 また、トランザクションの永続性、保護、監査にも対応します。
モバイルからのトランザクションの一つ一つは、コンピューティング・システム全体にわたって次々にイベントを発生させるため、モバイル端末が増えるに従って、システム間を行きかう処理は加速度的に増加していきます。
その結果、各相互作用点にセキュリティーの脆弱性が発生するとともに、システムへの高負荷をもたらします。z13はリアルタイムな暗号化によりトランザクション・データを保護するとともに、最大10テラバイトの大容量メモリーを活用することで処理時間の大幅な短縮を実現します。

・データ活用の全ての機能が1台に集結

z13は、1台でリアルタイムにすべてのトランザクションから洞察を引き出す初めてのメインフレーム・システムです。z13は、zEC12と比較して約3倍のメモリー容量、約2倍の帯域幅、約1.4倍の処理能力を持つマイクロプロセッサー、そしてベクトル処理アナリティクスを搭載します。これにより、トランザクションのリアルタイム分析が可能となり、トランザクションの発生と同時に不正を発見することで、金融機関は消費者が被害を受ける前にトランザクションを停止することができます。IBMはz13にリアルタイム・スコアリングを統合して設計し、システムの機能の一部として提供します。このスコアリングにより、お客様のすべてのトランザクションを分析し、不正検知を実現することができます。*2
加えて、z13の機能やIBMの予測分析モデリング技術およびSPSSを活用することで、お客様の購買傾向を瞬時に把握し、お客様が店舗から離れる前、場合によっては店舗に入る前にアップ・セルやクロス・セルといった販促活動を提案するといった、さらなるパーソナライズ化を行うことができます。
z13は、非構造化データ分析を可能にするためHadoopに対応しています。その他のアナリティクスの機能強化として、インメモリー・データベースであるDB2 BLU for Linuxによるクエリー処理のアクセラレーション、IBM DB2 Analytics Accelerator(DB2AA)の強化、数学的な分析処理における性能の飛躍的な向上が挙げられます。

・ゼロダウンタイム・クラウド基盤

高い可用性とセキュリティーという伝統的なメインフレームの能力を有するz13は、理想的なプライベート・クラウドおよびハイブリッド・クラウドのアーキテクチャーです。最大8,000の仮想サーバーを稼働させることが可能で、コアあたり50以上の仮想サーバーを稼働させることで、ソフトウェアや電力、設備のコストを削減することができます。

z13はクラウドの構築コストも低減します。z13上のz Systemsクラウドは、x86サーバー上のクラウドと比較すると3年間で32%、パブリック・クラウドとの比較においては3年間で60%の総所有コスト(TCO)を削減します。*3 さらに、z13はLinux、OpenStackをはじめとするオープンな標準技術に対応するオープンなプラットフォームです。なお、今後KVMを新たなハイパーバイザーとして採用する予定です。

本日の発表に合わせて、高度なアナリティクスとデータ供給機能を提供する新しいz/OSソフトウェアのプレビューを発表します。この新しいオペレーティング・システムの提供開始によって、z13のインメモリー・アナリティクス処理能力の拡張とモバイル・トランザクションの分析を提供し、お客様がメインフレーム上のエンタープライズ・アプリケーションをモバイル・ユーザー向けにさらに拡張することを支援します。

z13の詳細およびIBM z Systemsの詳細は、こちらをご覧ください。
http://www.ibm.com/systems/jp/z/announcement/index.html

*1 "Technology Economics of the Mainframe Part 3 -- Mainframe and Mobile" - January 2015

*2 要件を満たすため、お客様はz13、最新版のDB2およびSPSS Scoring Adapterを導入し、IBMのキャパシティー・プランニング・インプリメンテーション・インストラクションとプロセスに従う必要があります。保証は1年間有効です。

*3 IBMによる内部試験に基づくIBM z13クラウドと比較可能なx86のプライベート・クラウドおよびパブリック・クラウドのパフォーマンス比較。この結果は、小規模から中規模までワークロードを収集し、市場における一般的なIBMのお客様のワークロードを再現したものです。システムの設定はIBMの内部試験により提供される同等の比率に基づきます。パブリック・クラウドの設定: 219インスタンス(128の小規模ワークロード、64の中規模ワークロード、27の大規模ワークロード)。x86クラウドの設定:24のIntel E7-8857 v2 3.0GHzプロセッサ・コア、512GBのメモリー、400GBのSSDを4つ搭載する 11のx86システム。全体で32のIFLと3806GBのメモリー、400GBのSSDを47個搭載するStorwize V7000。価格の比較試算は、2015年1月時点で公開されている米国の価格(ミドルウェアの20%ディスカウントを含む)3年間の総所有コスト(TCO)に基づく。パブリック・クラウドのTCO試算は、システム基盤(インスタンス、データ・アウト、ストレージ、サポート、フリー・ティア/リザーブド・ティアのディスカウント)のコスト(米国東リージョン)とミドルウェア、人員のコストを含む。z13とx86のTCO試算はシステム基盤(システム、メモリー、ストレージ、仮想化、OS、クラウド管理)、ミドルウェア、電力、設置スペースおよび人員のコストを含む。この結果は、実際のワークロード、構成、アプリケーション、クエリー、その他の変数によって変動する場合があります。本ドキュメントのユーザーは、特定の環境に適用可能なデータを検証してください。

製品画像

https://farm6.staticflickr.com/5640/23641666770_7ec44b25fe_z.jpg

https://farm6.staticflickr.com/5656/23854836951_9300ffd35d_z.jpg

関連する resources

サイトリンク