Skip to main content

「IBM BlueHub」、IoTなどで起業を目指すスタートアップを支援

第2期プログラムの5社を選定

TOKYO - 11 9 2015:

2015年9月11日

日本IBMは、国内のスタートアップ企業を支援するインキュベーション・プログラム「IBM BlueHub(ブルーハブ)」の選考を経て、第2期プログラムにて支援するスタートアップ企業を発表します。

IBM BlueHubは、政府や民間企業が推進する起業家支援と同様に、日本の長期的な成長と競争力に貢献するスタートアップ企業の事業化を支援するため、パートナー企業と協力して、2014年9月より開始したプログラムです。ビッグデータ領域をテーマにした第1期の参加企業5社に続き、第2期では、さまざまな機器がインターネットに接続するIoT(モノのインターネット)領域などで起業を目指すスタートアップ企業計51社から5社が選定されました。

IBM BlueHub第2期の支援企業は以下の通りです。

企業:TRi-Meal株式会社(代表者:勝呂 裕邦、trimeal.com)
領域:オートモーティブとIoT

企業:Residence(代表者:岡村 アルベルト、residence-corp.com)
領域:VISA代行申請とアナリティクス

企業:株式会社テクニコル(代表者:中川 達生)
領域:メンタルヘルスとIoT

企業:Fictbox株式会社(代表者:加藤 直人 、fictbox.com)
領域:仮想現実とビッグデータ

企業:株式会社笑農和(代表者:下村 豪徳、enowa.jp)
領域:農業とIoT

日本IBMは、2016年上半期に第2期支援企業の取り組みの詳細を発表する予定です。

<報道関係者お問合せ先>
日本IBM 広報 小林 Tel:050-3149-2095(直通)03-3808-5120(広報代表)
email:KMAMORU@jp.ibm.com

<お客様その他のお問い合わせ先>
ダイヤルIBMお客様相談センター フリーダイヤル:0120-04-1992

関連する resources

サイトリンク

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Corporate