Skip to main content

視覚障がい者を屋内外の区別なく快適にナビゲーション ~技術研究所内に常設体験施設を開設~


TOKYO - 28 7 2015:

2015年7月28日

清水建設㈱<社長 宮本洋一>はIBM東京基礎研究所の技術協力を受け、バリアフリー社会の実現に寄与することを目的に、世界最高レベルの精度*で屋内外の区別なく快適なナビゲーションを実現する、視覚障がい者向けの音声による屋内外歩行者ナビゲーション・システムを開発しました。同時に当社は技術研究所内に常設体験施設「親切にささやく場」を開設、同施設での実証を重ね、早ければ2018年の実適用を目指します。

GPS信号の受信処理技術の進歩により、スマートフォン(スマホ)などによる屋外や公道での歩行者ナビゲーションは一般化してきました。一方、屋内や地下街では、位置測定の実証実験がようやく始まった段階で、ナビゲーション用の地図の整備を含め普及が遅れており、視覚障がい者や歩行困難者が利用できるナビゲーションの早期実用化によるバリアフリーの促進が望まれています。

こうした中、当社は歩行困難者を含む施設利用者の安全・安心なアクセシビリティの実現を目的に、施設利用者の位置情報や平面図上に示す移動経路はもとより、入り口や廊下、階段、手すり、トイレ、スロープなどの施設・設備に関する情報をスマホを介して提供できる空間情報データベースや位置情報インフラの研究開発に取り組んできました。一方、IBM東京基礎研究所は、視覚障がい者向けに開発してきたさまざまなアクセシビリティ技術や高精度屋内外位置測定技術をもとにした、屋内外の区別なく快適にナビゲーションを行う技術の開発に取り組んできました。

新システムは、両者の技術を統合したもので、位置測定機能と音声ナビゲーション機能、対話機能を備えたスマホ・アプリ、空間情報データベース、位置情報インフラが協調して実用的なナビゲーションを行います。

操作方法はいたって簡単です。初めに、施設利用者はアプリとの音声対話により訪ねたい場所を伝えます。すると、空間情報データベースが施設利用者の現在位置から目的地までの最適な移動経路はもとより、経路の幅や階段の位置・段数、手すりの長さなど音声案内に必要な情報をアプリに提供します。アプリは、「右2時の方向を向きます」「手すりに沿って建物入口まで20m進みます」「残り10m」、「残り5m」「残り2.5m」「入口手前にフロアマットがあります」「直進3mで階段を上り2階に行きます」「階段はまっすぐで34段、途中に踊場が1カ所あります」「2階のフロアはカーペットです」といった具合に、視覚障がい者を目的地に導くために必要な情報をリアルタイムに音声で提供します。同時にスマホ画面には移動経路が示されるので、視覚障がい者に限らず、屋内外継ぎ目のないナビゲーションができます。しかも、利用者の属性にあわせた対応が可能で、例えば歩行困難者にはできる限り階段や段差のない移動経路を示す仕組みになっています。

「親切にささやく場」は、技術研究所の本館、一部の実験棟、それぞれを結ぶ構内通路など約5,000㎡で、視覚障がい者や健常者など、様々な属性をもつ方々の協力を得ながら実証実験を進めています。当社は今後、新システムをいち早く実用化し、大規模物販施設や教育施設、医療施設、空港・駅などの公共施設への展開を図ることで、障がい者や高齢者を含むインクルーシブなバリアフリーに対する社会ニーズに応えていく考えです。


≪参 考≫

*世界最高レベルの精度

2015年のMicrosoft Indoor Localization Competition(英語)における電波ビーコンと市販スマートフォンを用いた屋内最高精度(平均1.37m)と同レベルの精度(平均1.5m)を、屋内外を結んだ常設施設において実現。

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Research