Skip to main content

日本IBMとマネーツリー、 フィンテックにおけるAPI技術の活用で協業

国内1,550社以上の金融機関からの明細データを自動取得するサービス「MT LINK」とIBM Bluemixの連携で、国内におけるAPI経済圏づくりを推進

TOKYO - 21 10 2015:

2015年10月21日

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下日本IBM)とマネーツリー株式会社は、金融とテクノロジーを組み合わせ新たな金融サービスを実現する「FinTech(フィンテック)」と、今後ますます重要性を増す企業のハイブリッド・クラウドを支えるAPI技術の活用推進のため、協業します。

近年、今までにない利便性や新たな顧客体験を提供するFinTechサービスが次々と生まれています。よりつかいやすく新規アイディアを取り込んで柔軟かつ迅速に作成するためには、他のプログラムと連携して利用を可能にするアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)を活用する新しい金融インフラを構築することが求められています。

本協業では、国内1,550社以上の金融機関等から明細データを自動的に取得できるマネーツリーのサービスである「MT LINK(エムティー・リンク)」と日本IBMが提供するPaaS(※)の「IBM® Bluemix(ブルーミックス)」をAPIで接続するため、両社が協力して技術検証を行います。これにより、フィンテックにおける迅速なアプリケーション開発と多岐にわたるAPI技術の利活用を促進し、国内におけるAPI経済圏づくりに寄与することを目的とする取り組みです。

エンタープライズ分野で採用が進むハイブリッド・クラウド環境では、企業の既存資産や地理情報などのインターネット上の各種サービスを組み合わせたアプリケーションやサービスの迅速な開発を進める一方、高いセキュリティーの確保や運用管理の効率化が求められています。IBM Bluemixは、このようなエンタープライズ分野のハイブリッド・クラウド環境におけるアプリケーション開発を支援するPaaSです。

マネーツリーが提供する「MT LINK」は、国内1,550社以上の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント)から、明細データを自動的に取得できるサービスです。100万件以上の口座情報を管理する実績があり、顧客の セキュリティとプラバシーに配慮した仕組みで、導入側の負担も軽いため、様々な業界で利用が可能です。銀行口座に関しては、普通口座、定期口座だけでなく、法人口座として、メガバンク(三菱東京UFJ、三井住友、みずほ)をはじめ、84行の地方銀行、125行の全国の信用金庫に対応し、個人と法人の全体をカバーできるサービスになっています。

※PaaS(Platform as a Service)
アプリケーションが動作するためのOS等のプラットフォームを、ネットを介し提供するサービス

関連する XML feeds
Topics XML feeds
Cloud Computing